北野テック > 工事内容 > 冬の除雪対策

冬の除雪対策をお考えの方へ

今冬から除雪の必要がありません!!

井戸水を利用して、らくらく消雪(パイプ打込み井戸)

冬の時期になると、富山県では日々の除雪が必要となります。
除雪には、時間及び労力が必要で、仕事を始めるまでに疲れてしまいます。
街でよく、水道に融雪ホースを接続してあるのを見かけますが、水道水では、水温が低いので、雪はほとんど解けずに残ってしまいます。
その反面、上水道の(下水道)の使用料金は、格段に高いはずです。
暖冬になってきた作今でも「やっぱり玄関前ぐらいはきれいにしておかないと…」と近所の目も、気になりますよね。
そんな方にこの「パイプ打込み井戸」による井戸水を利用した融雪方法は、朗報です。

パイプ打込み井戸とは?

パイプ打込み井戸とは、
 【1】パイプを地中に打ち込み、
 【2】ポンプにより、パイプ内の井戸水を汲み上げ、ご希望の用途場所へ
井戸水を供給する工事です。

こんな使い道があります。

施工実績

写真

過去3年間の施工実績  約20件


お客様の声

パイプ打込み井戸のメリットとデメリット

メリット

  1. 除雪に費やす、時間・体力が必要なし。
  2. 井戸水の水温は約15℃なので、消雪には最適です。
  3. 限りある資源を大切にすることで、CO2削減にも一役になうことになると、当社は考えます。
  4. 融雪ホースにて除雪している方は、水道代の削減。

融雪ホースで1分間に10ℓ使用している場合、 1時間で600ℓの水道水を使用することになります。 1日に10時間使用したとすれば、6000ℓ(6t)にもなり、1tあたりの水道料金が180円の場合1日1080円にもなる計算となります。
井戸水を利用した場合は、水道水を利用しないので、水道料金がかかりません。
ポンプによる組み上げの際の電気代を差し引いても十分な節約となります。

デメリット

  1. 場所によって井戸を掘っても、水が出ない場合があります。
    ※その場合でも、作業員出張料が発生いたします。
  2. 上記写真の通り、井戸水は鉄分を含んでいるため、地面が茶色くなります。

関心のある方は、お見積もり無料ですので、まずはお問い合わせください。

工事内容
line お問い合わせ
蛇口をこまめにしめよう チーム・マイナス6%